狡噛慎也の筋肉ボディを手に入れる方法

PSYCHO-PASSの狡噛慎也を目指して北島達也ワークアウトを勉強・実践していく中で、役立ったものを紹介していくブログです。

脂質がケトン体の源!ケトジェニックダイエットは脂質を減らすな!




テレビや雑誌や出自不明のダイエット情報サイトで最近間違ったケトジェニック(ケトン体)ダイエットの方法が溢れています。
はっきり言います…

鵜呑みにしたら100%リバウンドします。

しかもリバウンドしたら次は余計難易度上がります。


では正しいケトジェニック(ケトン体)ダイエットとは何か?

・糖質(炭水化物-食物)を徹底カットする
たんぱく質と脂質を沢山食べる
・総摂取カロリーが総消費カロリーを下回らないようにする
たんぱく質は最低でも体重×2g(筋トレするなら×3~4)は摂る

とにかく基本はこれです。北島式なら糖質を1食5g以下、1日のトータル20g以下に抑えます。
で、1日の消費カロリーが2000kcalだとしたらたんぱく質と脂質だけでこれを賄うのですから結構食べます(@_@)
カロリー量で脂肪燃焼されるカロリーカットのダイエットとはメカニズムが違うので、消費カロリーを下回らなければカロリーは気にしません。


では巷に溢れる間違った方法はどうでしょう?
某テレビ番組に紹介されていた方法だと…↓

・朝はMCTオイルとヨーグルトと野菜だけ
・間食はしない
・肉は夜に鶏肉をちょっとだけ
・1日の総摂取カロリーは1000kcal未満にし途中から800kcal未満にする

むちゃくちゃですね(>_<)

まず大前提として、ケトン体の元は脂質です。肉や卵やオリーブ油や魚やアボカドやココナッツオイルやMCTオイルやチーズ等、あらゆる食べ物の脂質からケトン体は作り出されます。
つまり最低限のカロリーにすら達していない程度の脂質量ではケトン体を作れません(*_*)

※普段糖質をいっぱい食べている人は糖質をグリコーゲンやブドウ糖等に変えてエネルギーにしているので、脂質をケトン体に出来ません(する必要がない)。なので糖質を徹底カットしてエネルギーを糖質由来ではなく脂質由来のケトン体から賄うように回路が切り替わるよう栄養管理をします。

しかも間違った方法では大体肉や卵や魚が嫌われますがそれらは貴重なたんぱく源です。たんぱく質を摂らないと筋肉も髪の毛も爪も肌も歯茎も全部ボロボロになります。

では脂質もたんぱく質も足りない生活を続けるとどうなるか…(・・;)

まず代謝の大きい筋肉がごっそり落ちます。ケトン体もないから体力も集中力も思考力も落ちます。内臓を動かす為の筋肉も減るから内臓機能も落ちます。脂質はホルモンの元にもなるので脂質が少なければホルモンバランスも崩れます。

※筋肉のサイズが減るから水分もなくなり、体重の数値だけはびっくりするくらい落ちるでしょうね(^_^;)


で、僕は冒頭に100%リバウンドすると書きましたが何故か?
間違ったダイエットをして先ほどの太字部分のような問題が体に起き続ければ当然ながら生命維持すら危うくなります。

すると脳は防衛本能でとにかく栄養を摂らせようと信号をだし暴飲暴食をさせます。

つまり間違ったケトジェニックに限らず、いわゆる食べないダイエットなんかをすると数ヶ月で爆発して一気にリバウンドする…というのは意志が弱いのではなくやり方が間違っているからなんですね(※諸説あります)。


間違った方法というのが如何に危険かお分かりいただけましたでしょうか?


ケトジェニックダイエットでカットするのは糖質のみ!ケトン体の元である脂質をしっかり食べましょう!!

ちなみに僕のオススメはココナッツオイル♪
中鎖脂肪酸という良質な脂質で、飲んでから僅か15分でケトン体に変わるのでいわゆる「疲れた時は甘いもの」効果があります♪\(^-^)/
f:id:kougamimaru:20170729151054j:plain

錦山まるTwitter\(^-^)/↓
錦山まる執行官 (@nishikiyamamaru) | Twitter